第二のモナコイン!?ビットゼニ―を追求してみた

Pocket

仮想通貨BitZeny(ビットゼニー)とは?特徴、買い方、将来性

 

2017年国産アルトコインが急騰しました。
「億り人」と言われる億単位のキャピタルゲインを獲得した人たちがいます。

そのアルトコインの名は「モナコイン」です。
2017年初頭3円だったモナコインは一年で900倍。

およそ2700円まで値が上がりました!!

このモナコインと同じく数少ない国産のアルトコインがBitZeny(ビットゼニー)です。
モナコインと多数の共通性を持つビットゼニーは第二のモナコインとなるのではないかと期待され注目が集まっています。

モナコインと比較をしながらビットゼニーがここまでの注目を集める理由を探ります。
そして気になる今後の値動き、購入方法まで解説します。

 

①BitZeny(ビットゼニー)とは?

ビットゼニーは国産のアルトコインです。
仮想通貨ランキング(時価総額)では上位100銘柄には入っていません。

2018年1月末の価格は約20円です。
モナコインの値上がりと共に、急浮上してきた感はありますが、実際の値動きは低迷しています。

ビットゼニーの特徴を簡単にまとめてみました。

 名称:ビットゼニー(BitZeny)
通貨単位:ZNY
発行上限数:2憶5千万枚
ブロックタイム:90秒
半減期:50万ブロックごと
マイニング:一般のPCで可能
発行国:日本
発行元:2ch有志による
取扱い取引所:海外取引所
ツイッター:投げ銭Botぜにぃ姫

②ビットゼニー(BitZeny)の特徴「マイニングが出来る」

ビットゼニーの人気の理由の一つにマイニングにあります。
(マイニングとは発掘とも呼ばれる取引の承認作業で、コンピューターで取引の記録と整合性を計算。その報酬として対象のコインがもらえる)

ビットゼニーのマイニング方法は「Yescrypt」というアリコリズムを使用しています。
このマイニング作業は「一般のPC」で可能です。

他の仮想通貨にもマイニングがあり、報酬を得ることができますが「ASIC、GPU」等といった特殊な設備が必要で一般的とは言えません。
私や貴方の持っているパソコンでマイニングに参加でき「タダで」コインを手にするチャンスがあるのです。
タダで手に入れるチャンスがあるならやってみたくなります。

③ビットゼニー(BitZeny)の特徴「国内では買えない」

 ビットゼニーは国内の取引所では購入することができません。
手にするためには、海外の取引所で購入するかマイニングするかしかありません。

海外取引所で取扱高が最も多いのはC-CEXです。
購入するならC-CEXということになるでしょう。

④ビットゼニー(BitZeny)のコミュニティー

ビットゼニーは数少ない国産のアルトコインです。
国産アルトコインの代表格はモナコインです。

海外勢と並べると国産というだけで何だか応援してあげたい気持ちになります。
モナコインには、いろいろなコミュニティーが存在し、猫の様な謎の生物「オマエモナー」なるキャラクターも存在します。

ビットゼニーも、コインを中心とした、独自のコミュニティー、交流が盛んにおこなわれています。

 ビットゼニーフォーラム

マイナー同士でコミュニケーションが取れる、ハブ的な存在です。
ビットゼニーのファンが集まっています。
ビットゼニーはもともと2CHの有志で開発されたとされています。

その後一時開発が途絶えた時期もありました。
フォーラムでは開発、マイニングに関する技術的なことまで活発に投稿されています。


ぜにぃ姫(投げ銭bot)

ビットゼニーのTwitter公式アカウントです。
ツイッターの投げ銭機能を利用してビットゼニーを配ったりしています。

2017年12月頃の急騰はぜにぃ姫にお願いするとコインをくれるというキャンペーンが大きく影響したと言われています。

 

グッズショップ

ビットゼニーTシャツというレアなアイテムが販売されています。
当然ですが支払いはビットゼニーです。
価格は250ZNY

現在のレートで日本円に換算すると5000円程度です。
ZNYが高騰したらどうなるのだろう?

いらぬ心配をしてしまいます。
アルトコインを投資目的で購入する場合、こういったコミュニティーの存在はコイン価値を下支えする有力な情報の一つです。

ビットゼニーを購入するのであれば短期的な保有ではなく中長期的な保有を検討してもいいかもしれません。
参入障壁の高い現在の価値で購入。
売却は国内の取引所で需要が一気に膨らんだ瞬間です。
これは投資の王道です。

⑤ビットゼニー(BitZeny)は「値上がり必至か?」

ビットゼニーは先程申しましたように海外の取引所でしか購入ができません。
「よし!直ぐにC-CEXでビットゼニー購入するぞ!海外取引だ!」

みなさんは何の抵抗もなく海外の取引所を利用できますか?
海外?英語?どうやって買うの?送金するの?

様々な疑問が出てきます。
お金を送って本当に買えるの?

そんな根本的な不安まで湧いてくることでしょう。
実際に海外の取引所を利用すると、いわゆる国内の取引所の様に「しっかり」していません。

筆者も皆さんと同じように最初は海外取引に凄く不安を感じました。
この不安の事を参入障壁と言います。

簡単に言います。

ビットゼニーを買いたい人、関心を持っている人は日本国内に沢山います。
だけど海外取引で「二の足を踏んでいる人」がほとんどなのです。

国内の取引所に上場したらその瞬間に購入するぞ。
そう思って目を光らせ耳を長くして情報を得ているのです。

つまり、アルトコインは需要と供給のバランスで値が動きます。
現在のビットコインの状況は需要の頭に蓋を被せた状態なのです。

潜在的な需要が現実の価格に反映されていません。
この蓋が取れた瞬間に値が跳ね上がる!

ビットゼニーの頭に乗った蓋は海外取引所での購入です。
ビットゼニーは今後の値動きを特に注視したいコインです

(記事編集時の筆者の考えです。投資は自己責任でお願いいたします)

ここからは実際にビットゼニーを購入する方法を見ていきます。

⑥ビットゼニー(BitZeny)の取引所

 ビットゼニーは国内で購入できません。海外取引所C-CEXでの購入となります。
他にも取り扱いはありますがC-CEXがおすすめです。

簡単な取引の流れです。

1、国内の取引所でビットコインを購入
2、C-CEXへビットコインを送金
3、ビットコイン(BTC)を使ってビットゼニー(BTZ)を購入
こんな流れになります。詳しく説明します。

⑤ビットゼニー(BitZeny)購入方法

先ずは国内でビットコインを購入方法を簡単にご説明します。
ビットフライヤーで購入します。

ビットフライヤーでアカウントを登録

ビットフライヤーは日本で最初に出来た仮想通貨取引所です。
仮想通貨の取引量は国内最大です。
安心して利用できる取引所の一つです。

 ビットフライヤーのトップ画面です。
アカウントを持っていない人はメールアドレスを入力して新規アカウントを作成します。

①メールアドレスを入力。
②アカウント作成をクリック


直ぐに登録メールアドレスに確認メールが届きます。

メールに記載されたURLをクリック、又はメール内に記載されたキーワードを入力してください。

チェックボックスにレ点を入れます。
これでアカウントが作成できました。
実際にコインを購入するには身分証明等が必要になります。


取引を開始するには、情報入力し円を入金する必要があります。
取引案内に沿って入力をしてください。
少し長くなりますが頑張って登録してください。 

ビットコインを買う

画面左側アイコンよりビットコイン販売所を選択します。
画像赤丸内に数量を記入し「コインを買う」をクリックします。
銀行振り込みとクレジットカードから選べます。

これでビットコインは購入できました。
簡単ですね。

 次はいよいよC-CEXでアカウントを登録をします。

 この画面C-CEXでのトップ画面ですが日本語に翻訳してあります。
ブラウザにGoogl-chromeを使用すると画面で右クリックし日本語に翻訳を選択するとあっという間に変換されます。

海外の取引所の利用、海外サイトからの情報収集でとても力を発揮します。

それではアカウント登録をクリックしてください。

下記の画面に進みます。

この画面でメールアドレス、ID、パスワードを入力します。
確認用のメールが登録アドレスに届きます。
クリックすると登録が完了です。

C-CEXへビットコイン送金

次はC-CEXへビットコインを送金します。
送金するにはビットコインアドレスが必要になります。

このアドレスをC-CEXでゲットします。


これでC-CEXビットコインアドレスがゲットできました。
このアドレスを使ってビットフライヤーより送金します。 

ビットフライヤーからビットコインを送金

左側バナーの設定をクリックします。
上画像の画面になります。
「外部ビットコインアドレス設定」に先程取得したC-CEXのビットコインアドレスを入力します。

画像が見にくいので拡大します。

ラベル欄

何でも構いません。筆者の場合はC-CEXと入力します。
送付時に確認ができるように識別が出来る名前にしてください。

 ビットコインアドレス

C-CEXでゲットしたビットコインアドレスを入力します。
絶対に間違えてはいけません。

一字でも間違えたら、二度と手に戻らないと考えたほうが良いでしょう。

左側サイドバーより、入出金メニューをクリック。
上部メニュー内の「BTCご送付」へと進みます。
金額を入れて送付をクリックします。

こちらも拡大します。

ビットコインの数量を入れると日本円換算が自動で産出され表示されます。
送付前にビットコインアドレスとラベルを再度確認しましょう。

この画面が出れば送付は完了です。
10分から1時間で送金したビットコインがC-CEXで確認できます。

 ビットゼニーを購入

確認が出来たらビットゼニーを購入します。
C-CEXのトップ画面へ移動します。
ログインしてください。

始めにBTCマーケットをクリックします。
画面が変わりました。

ビットゼニーを購入するために右上のスイッチコインの欄に「ZNY」と入力しSWITCHをクリック。

ビットゼニーを購入する画面に移動しました。

上の画像はビットゼニーの画面を下にスクロールすると出てきます。
左側の購入側へ入力します。

①買いたい数量を入力
②1ZNYの金額が出ています
③購入金額が反映されます。

買いたい数量を入力すると②.③は自動で入ります。
「BUY ZNY」をクリックすると購入完成です。

まとめ

ビットゼニーはいかがだったでしょうか?
購入するには結構な手間がかかります。
「面倒だな」と思われる方がほとんどです。

本文でも申し上げましたが、この参入障壁の高さがビットゼニーの値段を抑えている理由の一つです。
今後ビットゼニーが国内の取引所に上場されるの可能性は高いと考えられます。

ビットゼニーが国内で買いやすくなった時、モナコインドリームが再びビットゼニードリームとなって返ってくるかもしれません。
また、余談ではありますがモナコインは国内で買いやすく海外では買いにくい状況です。

モナコインも海外へ積極的に進出すれば、更なる値上げも十分にあり得ます。
モナコインもビットゼニー同様まだまだ未知の力を秘めているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です