仮想通貨Triggers(トリガー)ってなに?

Pocket

こんにちは!
ここ数日仮想通貨が横ばいになってますね!

皆さんの総資産も増えなくて少しつまらないと思ってませんか?
こういう時こそ狙ってる通貨の買い増しや通貨の勉強をしましょう。

上がり始めてしまったときは1歩も2歩も遅いのです。

今回は海外の通貨紹介として
Triggers(トリガー)という今後かなり熱いコインをご紹介。

おそらくネットで何度か聞いたことがある程度ですよね。

では本日も説明していきましょう。

Triggers(トリガー)ってなに?

端的に言うと、Triggersとはアメリカなどのように
日常生活に銃の安全を守る仮想通貨です。
trigger

え?何それ?
すごくない?

カッコイイですよね!
まさかブロックチェーンが拳銃の世界にも使われるなんてwww

そうトリガーはブロックチェーンの技術を用いて
スマートガンネットワークの普及を目的とした仮想通貨です。

<ところでスマートガンって皆さん知ってますか?>

triggers

スマートガンとは生体認証技術等により
登録している人しか利用できない銃のことです。

現在スマートガンは99%以上の確率で本人を認証し作動します。
ですが100%完全に作動する銃でなければ警察では使えません。

そのため現状は警察では普及していません。

ですがトリガーの技術に既に延びる要因ありますね。(笑)

トリガーの技術により世の中にスマートガン普及が広がるとメリットが複数あります。

1.銃の点検中もしくは移動中の誤動作防止
→よく暴発のニュースがありますよね。

2.テロ、乱射事件の防止
→最近頻繁に起きてますよね。

3.子供や本来使用する意志のものによる誤動作の防止
→これも度々ニュースになりますね

4.犯罪者から警官が銃を犯罪者に取られても作動しない。
→取られるリスクは非常にでかいですよね

5.銃がいつ、どこで使用されたかを管理することができます
→テロ防止に繋がりますね

このメリットすごくないですか?

例えばリップルとかの誕生で
海外への送金手数料が下がるとか大変すばらしいですが
皆さんにとってはメリットはそんなにないはずです。
triggers
ですがトリガーの技術は日本では実感はないですが
銃社会のアメリカやヨーロッパなどでは大変革命的な物なんです。

100%という単語は使ってはいけないと思いますので、
99%確実に上昇することが見込めます。

Blocksafeというスマートガンネットワーク

スマートガン技術が必然的に武器の利用方法を変える理解できます。

しかしスマートガンの問題点は上記の通り
警察などで実用化されるためには100%完全に作動する必要があります。

そこでブロックチェーン技術を利用しスマートガンを管理するのが
BLOCKSAFEという匿名型の分散型ブロックチェーンネットワークになります。

この技術によって
1. 犯罪者、テロ集団の活動減少
2. 盗難された銃の発見
3. 使用用途が悪質な銃使用なども回避できます。

NASA,米国国防総などもトリガーの技術に着目してる!?
国家でこのようにブロックチェーンの技術に
着目して今後の動きは要チェックですね。

Triggersどうやって買うの?
TriggersはBinanceで登録を行っております。

①流れとしてはBinance登録する。

②国内の仮想通貨の取引所
(コインチェック、ビットフライヤーなど)を登録する。
※されてない方は下に国内仮想通貨の評細を記載しております。

③ビットコイン、イーサリアム、リップルなどを
国内の取引所で購入してBinanceに送る
※Binanceで扱ってるコインならどれでもいいです。
リップルは送金速度が非常に速いのでおススメ。

④Binanceで送った通貨をビットコインもしくは
イーサリアムに変えてTriggersを購入します。

 Binance

まずBinanceを登録してない方は
こちらの公式サイトから登録を行ってください。

日本の仮想通貨取引所の場所をご紹介します。
国内の取引所は一つではなく複数登録しておいた方がいいです。

必要になったときに登録するのが海外の取引所に比べて時間がかかるためです。

1、コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

チャートが非常に見やすく最も主流になっている取引所となっております。

二段階認証を設定済みの顧客が不正ログイン被害を受けた場合、最大100万円まで損失を補償されます。(※条件あり)

2、ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
・二段階認証を設定済みの顧客が不正ログイン被害を受けた場合、最大500万円まで損失を補償

・ビットフライヤーが保管するビットコインのリスクを補償する損害保険に加入。

成海璃子がCMに出ている取引所です。

Youtubeをよくご覧になる方はなじみが多いのではないかなと思います。

多くの方々は一つではなく多数の取引所に登録されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です