Lisk 着々と底値を上げている⤴⤴

Pocket

こんにちは!
コインチェックにある通貨特集
をしていてとうとうLiskにピックアップ

LiskはNEMと同じように
認知している方が多いと思います。

名前が少しネガティブな印象を与えますよね。
私も実は少し嫌だな~なんて当初思ったりしていました。

ですがLiskも調べると
かなり2018年激熱のコインなんですよ。

Liskとは何なのか?

今後どういったところが魅力的なのかを
徹底してご紹介いたします。


Liskとは?

Liskは分散型アプリケーションプラットフォームと呼ばれているものです。
そのプラットフォームで利用される通貨をLiskと一般的に呼ばれています。

※分散型アプリケーションプラットフォームとはブロックチェーンに基づき
管理者が不在でも自動で動くプラットフォームのことを言う。

Liskの特徴とは?

  • 其の1
    スマートコントラクト

スマートコントラクトとは
ブロックチェーンの過去のデータ全てを記録し
公開できる特徴を活かした技術のことです。

つまりプログラムが契約行為を
自動で行ってくれるというものです。

契約内容の決まり事は事前に
決めないとならないのですが

その後の流れ(契約執行、支払いの確認など)は
システムが自動にやってくれます。

間に金融機関などが介入しないので、
以前に比べて迅速に契約行為を行えるようになります。

金融以外の分野では、不動産の登記だったり、
電力取引などに使われていく可能性があります。

  • 其の2
    サイドチェーン
    サイドチェーンとはビットコインの基になっている
    パブリックブロックチェーンの側鎖となる概念

    サイドチェーンを利用すると、本体の
    ブロックチェーンを変更することなく仕様の変更を行えます。

これに関して興味のある方は
自分で調べてみるといいでしょう。

  • 其の3
     javascriptの利用
    リスクプラットフォームでは
    世界中のエンジニアの利用者が
    多いjavascriptを基にプログラムが書かれています。javascriptを使えるエンジニアの数は
    とても多いため開発が進みやすいという利点があります。

2018年にはLiskのアップデートが行われるため
価格の上昇に大いに期待が出来ます。

今後のLiskが延びていくきっかけは3つ!?

  • 其の1
    2018年に控えたアップデート

簡単に言えばサイドチェーンのパワーアップですね。
本来は2017年9月のはずだったんですが、
遅れており2017年12月にも間に合いませんでした。

2018年中には行われる予定なので長期ホールドを
していくことでより多くの利益を得ることが出来ます。

  • 其の2
    SDKの配布
    sdkとはSoftware Deveropment Kitの略語です。
    ソフトを開発するためのものでより多くのエンジニアなどに
    Liskを利用してもらうために配布を行います。

これもまた延期になっておりますが
2018年上旬には行われるのではないでしょうか?

  • 其の3
    マイクロソフトと提携発表
    LiskはマイクロソフトのクラウドサービスAzureのシステムに
    リスクの機能を取り入れて現在Azureは完成しております。マイクロソフトがリスクと連携したということが
    メディアに取り上げられ価格も高騰しており
    今後どのような展開になるのか気になりますね。
  • 其の4
    ビットフライヤーへの上場決定の噂Liskのビットフライヤーへの上場の決定の噂により
    リアルタイムで価格が高騰しております。
    今後激熱のLiskです

以上の要因からLiskは2018年
かなり高騰する予想が立てられます。

年末には1万円以上は確実にいくので、
今購入すれば資産を3倍に増やすことは容易に簡単です。

Liskの買い方は?

1、コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

チャートが非常に見やすく最も主流になっている取引所となっております。
コインチェックにてliskを購入することが出来ます。

二段階認証を設定済みの顧客が不正ログイン被害を受けた場合
最大100万円まで損失を補償されます。(※条件あり)

2、ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・二段階認証を設定済みの顧客が不正ログイン被害を受けた場合、最大500万円まで損失を補償

・ビットフライヤーが保管するビットコインのリスクを補償する損害保険に加入。

成海璃子がCMに出ている取引所です。

Youtubeをよくご覧になる方はなじみが多いのではないかなと思います。

今後ここにLiskは上場する噂になってます。

多くの方々は一つではなく多数の取引所に登録されています。

海外の取引所のご紹介

海外の取引所を使うメリットとは?
・まず国内に比べると手数料が安い!
・日本にはない草コイン(将来1000倍以上になりそうなコイン)
海苔コイン(草コインになる前段階のコイン)がある
・海外の取引所間でコインの転売(いわゆるアービトラージ)を行うため

などなど夢がいっぱいの仮想通貨、海外取引所。
登録くらいしておくと、今後使いたい時にすぐ使えますよ!

取引所は登録しようと思うと時間のかかるものが多いので、
早めに登録しておくことをオススメします

2 coinexchange

将来有望な仮想通貨がゴロゴロしています
今話題沸騰のxpなどはこの取引所で扱っていますね。

※2017/12/30現在1週間近くで10倍以上に高騰と来年の今にはどうなってるのかドキドキです。
私も0.01円くらいの時に投資のつもりで入れて現在も眠らせておいています。
これで来年海外旅行に行けたらラッキー感覚ですけどね。

3 C-CEX

ここもあの人気沸騰のビットゼニーを扱っている取引所です。
第二のモナコインともいわれていますが
最近は少し失速しているようですが私も前に買ってずっと眠らせています。
気づいたときにすごい金額になってた嬉しいですね。(笑)

4 yobit


ここは海外の取引所でも大手で、多数のコインを扱ってる取引所です。
王道のコインがそろっています。

5 hitbit


同じく海外の取引所でも大手で、多数のコインを扱ってる取引所です。
以上海外の取引所ですが、2段階認証はしっかり行いましょう。

6 Binance

Binanceは世界最大級の取引所で数多くのコインが扱われています。

何のコインを買おう?など考えてる方は
まず取引所に登録して前段階の準備は済ませましょうね!

何のコインを買おうか迷ってる方は私のブログをチェックしてみてください。
少し皆さんの勉強になることを今後ものせていくつもりです。

では本日はいじょうです~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。