仮想通貨NEM今後も高騰していくのか

Pocket

すごくテンションが高くなってしまいました。
昨日1月4日NEMが高騰しましたね。

NEMって何?っていう人は仮想通貨をやってる人なら大体が知っていると思います。

なぜなら日本で一番利用者の多い取引所であるコインチェックで扱われていますからね。

ですが多くの人はNEMって知ってるけど何者なんだ?
ついこの前までは20円をさまよってるコインだったよな。

それが2か月で10倍に値上がりしてますよね。

株や投資をやったことのある人なら分かると思いますが
10倍って、、、すごいですよね。

だから仮想通貨バブルなんていわれてることもありますが
仮想通貨はバブルなんかではありません。

バブルとは実体とはかけ離れた金額になっているということ。

ですが仮想通貨のそれぞれのコインの性能には世の中の常識を覆す価値があります。

むしろ今後NEMは大いに成長していく素質があります。

  • NEM(ZEM)とは何?

    仮想通貨NEMはNew Economic Movement(新しい経済活動)の略語で、
    しい経済圏の確立を目標としたプロジェクトです。

    通貨としてはZEM(ゼム)と言います。
    ビットコインとの違いは→NEMにはマイニングという通貨の新規発行機能がありません。
    マイニングではないですが『ハーベスティング』というものがあります。

    10000ZEM以上保有している人限定でコミュニティー貢献者に対し
    報酬が分配されています。(もちろん条件在り)

ビットコインの場合はマイニングする場合企業単位ではないと
厳しいくらいの設備費用がかかりますが、NEMは個人でも出来るんです!

  • MEMの特徴とは?

    1.NEMはPoI (Proof-of-importance)という仕組みを備えております。
    そのためビットコインやイーサリアム比べると
    NEMは電力をあまり消費しないというメリットやセキュリティがより向上しています。

  • 2. NEMのさらに高度な機能、それはモザイクというものです。
    これは簡単にいうとすごいということですが
    ブログのテーマである初心者のための仮想通貨ブログに反するのであえてここでは説明しません。

NEMの今後の延びる要因はあるの?

  • 其の1 WeChat
    2017年12月の高騰の要因となった『NEMとWeChat』の両者間で提携したという
    情報が拡散されたことにより20円から75円に上がりました。

WeChatは中国におけるメッセージアプリ(簡単にいうlineのようなもの)で
NEMにおける送金サービスが実施されるという内容でした。
そして実用性の高さから、NEMに対する需要が高まることは必然です。

中国人12億人がMEM持ち出したらすごいことになりますよね。(笑)

今後NEMによる送金サービスがWeChatを用いて行えるようになるのは確定しているので
今後どんどんNEMは伸びますね。

  • 其の2 mijin
    NEMのブロックチェーンと同じ性能を備えているmijinが、日本で出来ました。
    NEMはパブリックブロックチェーンですが、mijinはプライベートブロックチェーンを生成するものである。
    日本の仮想通貨取引所 Zaifを運営するテックビューロ社とNEMのデベロッパーらによって、開発されました。

パブリックブロックチェーンNEMとプライベートブロックチェーンは相互作用をAPIを通して可能にし
『NEMの最終的な目標』である『NEMによる経済圏設立』に貢献することは間違いないですね。

  • 其の3 カタパルト
    NEMにはカタパルトという処理速度が4000倍にもなる装備が配置予定です。
    1秒あたり4000件になります。つまりmijinにカタパルトが実装される予定です。

スピードの比較でいうと
ビットコイン:7件/秒、イーサリアム:15件/秒、リップル:1000件/秒、mijin:3,085件/秒(最大4142件)

以上の3点から確実に値が上がっていくことは目に見えていますよね。

さあネムってどうやって買うの?

1、コインチェック
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

チャートが非常に見やすく最も主流になっている取引所となっております。
コインチェックにてNEMを購入することが出来ます。

二段階認証を設定済みの顧客が不正ログイン被害を受けた場合
最大100万円まで損失を補償されます。(※条件あり)

海外の取引所のご紹介

海外の取引所を使うメリットとは?
・まず国内に比べると手数料が安い!
・日本にはない草コイン(将来1000倍以上になりそうなコイン)
海苔コイン(草コインになる前段階のコイン)がある
・海外の取引所間でコインの転売(いわゆるアービトラージ)を行うため

などなど夢がいっぱいの仮想通貨、海外取引所。
登録くらいしておくと、今後使いたい時にすぐ使えますよ!

取引所は登録しようと思うと時間のかかるものが多いので、
早めに登録しておくことをオススメします

2 coinexchange

将来有望な仮想通貨がゴロゴロしています
今話題沸騰のxpなどはこの取引所で扱っていますね。

※2017/12/30現在1週間近くで10倍以上に高騰と来年の今にはどうなってるのかドキドキです。
私も0.01円くらいの時に投資のつもりで入れて現在も眠らせておいています。
これで来年海外旅行に行けたらラッキー感覚ですけどね。

3 C-CEX

ここもあの人気沸騰のビットゼニーを扱っている取引所です。
第二のモナコインともいわれていますが
最近は少し失速しているようですが私も前に買ってずっと眠らせています。
気づいたときにすごい金額になってた嬉しいですね。(笑)

4 yobit


ここは海外の取引所でも大手で、多数のコインを扱ってる取引所です。
王道のコインがそろっています。

5 hitbit


同じく海外の取引所でも大手で、多数のコインを扱ってる取引所です。
以上海外の取引所ですが、2段階認証はしっかり行いましょう。

6 Binance

Binanceは世界最大級の取引所で数多くのコインが扱われています。

何のコインを買おう?など考えてる方は
まず取引所に登録して前段階の準備は済ませましょうね!

何のコインを買おうか迷ってる方は私のブログをチェックしてみてください。
少し皆さんの勉強になることを今後ものせていくつもりです。

では本日はいじょうです~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。