Dashコインとは?

Pocket

Dashコインとは何?
以前までは1桁だったDash2桁に!
なぜここまで成長したのか?

 

まず今回のテーマでもあるDashの説明から行きましょう

Dash2014年にDarkCoinという名前で公開されたのです。
これは単なる豆知識なのですが。
そして2015年にDashに名称を変更となりました。

チェッカーはDashで最大発行枚数は
1900万枚に設定となっており、
現在時価総額は全仮想通貨の中で
7位にランクイン!

 

なるほど!Dashの由来は分かったと。

 

ではDashの特徴は何なの?

1 Dashは素晴らしい取引速度を持っている
2 Dashは匿名性が非常に高い通貨である

 

以上の2点があげられます。

 

それでは
1のDashは素晴らしい取引速度を持っているについて
(BitInfoCharts
より引用)
Dash
はマイナーと重要なガバナンス機能を実行するマスターノードとの
二層構造でブロックの承認作業を行っています。
これにより、Instant Sendという特別な処理速度を実現することができます。
Instant Send
では1つの取引を約4秒で行うことができるようです。

 

2のDashは匿名性が非常に高い通貨である
Dash
はビットコインなどとは違います!
Dash
はブロックチェーンをチェックしても
誰が誰に送金したかが分からない仕組みなんです!

 

これは同じ瞬間に送金しようとしている
ユーザーのお金を一度資金プールに入れます。
そして再びそこからそれぞれのユーザーが送った分のお金を取り出して
送信先に送るという手順を経ているからです。

 

なるほどDashってそういった特徴を持ったコインなんですね!


ではなぜDashがここまで上がったのか?

 

なんとDashはジンバブエの公式デジタル通貨を目標としているんです!

 

ジンバブエ?何それって思ってる方も多いのではないでしょうか?

 

ジンバブエとはアフリカにある国でハイパーインフレにより経済破綻した国です。
いま現在自国の通貨だったジンバブエドルは廃止され米ドルなどが採用されています。

現在Dashはジンバブエの公式デジタル通貨を目指して本格的に始動しています。
2017
年の1127日にDashはジンバブエの決済サービスであるKuvaCashとの
共同決済システムに対して$550,000(6240万円)もの投資を行っています。

これにより来年の2018年にはジンバブエ国内で
SMS送信が可能な携帯電話から、Dashでの即時決済が可能予定だそう。

Dashがジンバブエの公式デジタル通貨として適している理由は
Kuva ProjectのリーダーであるAndreiko Kerdemelidis氏によると
「取引速度の速さ、ネットワーク費用の安さ、充実した交換サポート」などです。

 

今後も飛躍確実のDashをいち早く手に入れるために行動を起こしましょう!
取引所から簡単に購入可能です!

1、コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

チャートが非常に見やすく最も主流になっている取引所となっております。

二段階認証を設定済みの顧客が不正ログイン被害を受けた場合、最大100万円まで損失を補償されます。(条件あり)

2、ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

・二段階認証を設定済みの顧客が不正ログイン被害を受けた場合、最大500万円まで損失を補償

・ビットフライヤーが保管するビットコインのリスクを補償する損害保険に加入。

成海璃子がCMに出ている取引所です。

Youtubeをよくご覧になる方はなじみが多いのではないかなと思います。

多くの方々は一つではなく多数の取引所に登録されています。

この二つはかなり優れている取引所ですのでぜひ登録を行ってみてください。

では本日はこれにて~~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です